スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「冬馬かずさ」の夏

セミの音がいくつも響き渡り

外はゆっくりと空の色を変える

誰もが想像する夏の一幕



けれども あたしには

これは夕暮れじゃない

あたしにとっては夏の朝のこの景色こそ

冬馬かずさの夏 なのだ

早朝のこのひと時こそが・・・



子供のころからピアノ漬けなあたしには外で遊ぶという時間が当然なかった

だから夏の夕暮れというものについて、あまり感覚がないというか、よく知らないが正しいんだと思う

そんなあたしに夏を感じさせるのがこの夜明け

涼しい風と共に セミの鳴き声が ひぐらしが 聞こえてきて

空がゆっくりと青白くなっていくこの時間

他の季節では味わえない このひと時が

あたしにいつだって 夏を感じさせる

人とは違う 一人で 独りの 夏の夜明け

それが 冬馬かずさの夏 だった

そんな夏を感じるこの瞬間を 誰かの隣で迎えることになるなんて

孤独じゃなくて 愛する人の腕の中で迎えるなんて

そんな日が来るなんて 思いもよらず

子供の頃のあたしにそんなことを言ったら どんな顔をするだろうか

そう思うと笑ってしまいそうになる

父親の顔も知らないあたしは 母親を反面教師にしながら 母親以外の人間に興味を抱いていなくて

母親に認められるピアニストになるためだけに生きていたようなあたしに

そんなことを伝えるのだ

とても とても 味わいのある表情するんだろうなって

自分で解っているからこそ 笑ってしまう 笑えてしまう

ついでにいえば しかもそれがよりにもよって 北原春希だなんて

どんなやつか説明した日にはなんの冗談だと思うだろうし

頭がおかしくなかったのか、と過去の自分に言われるだろう

あたし自身、そう思っていたのだから



でも あの夏に変わったんだ

世界から色をなくして 二年間さまよって 

その先に行きついた場所で 待っていたもの

そいつにあたしは変えられた 

他者に興味をもってなかったあたしを 夢中にさせやがった



ああ、あの夏にあたしは隣りの奴に夢中になった

そのせいで夏の朝 あたしは孤独を感じる暇もなく

どうやって音楽を教え込むかを考え続け

気づけば夜が明けていたり 寝ていたりと

ピアノから離れていたあたしに久しぶりの忙しい日々を寄越した

そんな独りであるこを忘れた夏を過ごした

しかもそれだけじゃなくもう一つ

ピアノを弾く理由をさえも あたしの根幹さえも変えさせられた、そんな夏だった


それから、その夏を超えて また夏がきたときは

既にあたしは東京にいなくて 全く別の夏を過ごすようになり

独りの夏に戻った

かつてはあれほど望んだ母親と一緒の海外へ行けたのに

独りに戻ってしまったのだ

また、夏が始まっていた

1人で独りの夏が―――



でも今はこうしている

この東京で、あの頃と同じように夏を感じている

明けゆく空は色が移り変わり

セミたちが必死に音色を奏で

あの頃と変わらない夏の朝



そこに もう一つ 穏やかな吐息が加わった

規則正しく 穏やかで あたしの心を暖めてくれる

孤独でないと教えてくれる

春希の寝息 が、加わった



「冬馬かずさの夏」から、「北原かずさの夏」になった



空がゆっくりと色を変え

セミがいくつもいくつも鳴き

ヒグラシがあの独特な音を奏でる

夏が 今年も やってきた


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

続きを読む

スポンサーサイト

修司と葵のそんな一日

「なぁ、葵。本当にダメか?少しくらい、いいだろ?ほら、多少の刺激は脳の活性化にもいいっていうしさ。我慢は体によくないし、集中力を阻害する要因にもなるから、解消した方がいいだろ?だから、な?」

「何でもいいけど、あんたその表現の仕方だと絶対に勘違いされるわよ。」

「ん?何が?」

「分かんないならいいんだけど・・・。それはそれとして、何度も言ってるけどあんたはパラメーター偏り過ぎなの。あんたにトレーニングが必要な部分は筋肉じゃなくて脳みそなのよ、脳みそ。だから、体を動かす前に脳みそを動かしなさいよ。」

「おっしゃることはごもっともですが、ほんの少しでいいですから、体も動かさせてください・・・。」

「どうせ、夜には一人でトレーニングするんでしょうから、昼間は学生らしく脳みそ鍛えるのに費やしなさい。」

「・・・はい。」

「全く、運動させろ運動させろって、檻の中にいる獣じゃあるまいし。いくら最近下半身がケダモノに近づいたからって上半身までケダモノにならなくていいんだからね。」

「いやその表現は色々と差し障りが有りすぎだろ!?」

「でも内容は間違ってないじゃないエロ修司。」

「そりゃ昔に比べたらそうかもしれないが、これでもそれなりに自制効いてるつもりなんですが・・・。」

「そこは否定しないけど、する時はかなりのケダモノ度なんだし、あたしは間違ってないと思うわよ。」

「そこはお互い様かと思いますが?・・・そもそも俺から手を出すことってかなり少ないし。」

「うぐっ・・・、そこは確かにそうなんだけど、でもしてる時は修司はすっごいじゃん!ってこと。」

「・・・それは葵もじゃないか?」

「はぐっ・・・、や、そ、わ、私が言いたいのは、序論はそうかもしれないけど、本論の後半から結論に至るまでにおいては修司の方がこうガンガン行こうぜみたいな・・・!」

「落ち着けって。なんか色々と混ざりすぎだろ。それに俺がソフトにすると葵だって不満になるからさ。」

「・・・あー・・・うん、それはあるかもしれない・・・けど。」

「だからお互い様ってことでいいんじゃないか?」

「いや、待てよ。てことは、結論としてはあたしの方がだらしないってこと?」

「・・・一般論でいえば、生活習慣に関しては割とその傾向があるかもな。」

「しかもフォローなしか!?ええ、ええ、どうせあたしは体も生活習慣もだらしないですよ、どうせあたしはだらしない女ですよ!」

「だから落ち着けって。それだとかなり誤解を生む表現になってるから。意味が違うように聞こえるから!」

「だってだって・・・!あんたの周りにいる女の子はみんなスタイルが引き締まっていて、あたしみたいにプ二ってないし!それにあんたとするのも思い返してみれば誘うのはあたしからだし、さらに私の方がそういう時により、そう、なのかと思うと・・・!」

「確かにそこら辺は否定できる部分は少ないかもしれないが、そもそもの趣味が違うわけでして・・・。」

「どうせ修司たちに比べたらわたしはインドア派よ、若さ以外に健康的な要素がない体よ!」

「いつになく自虐的だな、おい!だれもそこまでは言ってないだろ、そこまでは。」

「でも、どうせ思ってるでしょ!?」

「えっと、まぁ、その・・・。」

「ほら!目をそらした、やっぱりそうなんじゃない!」

「嘘をつくのはよくないかな~って。」

「あんたそういう所はバカ正直よね、ほんと!そんなんだから、無神経とか、鈍いとか、修司だもんねぇ、とか言われるのよ。」

「微妙に否定しづらいセリフ並べるの卑怯だろ。しかも最後のはどうせ天音さんだろ、それ。」

「だったら何なのよ。というか、天音さんだけじゃなくてこれみんなにも通じるくらいなんだからね。つまりそれだけ修司は修司なのよ!」

「訳が分かんなくなってるから!そもそも話が壮大にズレてるから!」






「あの2人、勉強するんじゃなかったのかしら?」

階下でお茶を飲むツバメは
階上で繰り広げられている痴話喧嘩らしきものに呆れながら
そんなことをもらすのであった



~~~~~~~~~~~

続きを読む

北原家の日常~両親から見た子供たち編~

「なあ、春希はどう思う?」

GWも終わったことでピアニストとしての繁忙期も過ぎ、ようやく夫婦でゆっくりできる夜がきたことで
2人、ベッドの上で仕事で疲れた体と心を癒すように
抱き合いながら 余韻に浸っている
ある意味いつもの夜

そんな時にかずさがふともらした言葉

「主語を入れてくれたのは助かるが、目的語もいれてくれ。さすがにそれじゃ言葉足らずで分からん。」

春希の返答は簡潔かつ、明確
いくら春希でもどう思うかだけじゃ何のことか分からない

「あいつらのことだ。」

「ああ、子供たちのことか。でも、どうってどういうことだ?」

かずさも簡潔に返したが、春希はそれで充分何をさしてたかは分かる
ただ、意図が分からないのは変わらずもう一度聞き返す
そんな2人の会話は独特のテンポを維持している

「んー、あたしも具体的にどうっていうのがききたい訳でもない。特に問題があるような生活もしてないから、言うこともないんだが、たまには春希の考えもききたいなって。」

一般的な家庭からすれば到底考えられないセリフだが
そこは元は冬馬家のかずささん
家族関係に不器用な家の出身だけあり苦手分野
知識も経験も乏しいから下手に親として干渉する真似は控えているのだが、結果として接する時間が短くなっているために、こうして折々に子供たちのことを春希にきく

「GW中は俺も忙しかったから詳しくは分からんがいつも通りだろ。家事は手伝ってくれるから助かったぞ。」

その春希もGWまではかずさのための業務で忙しく、子供たちと接する時間はあまりなかった
印象に残ってるのは家事を手伝ってくれて助かったというぐらい

「・・・今となってはできないのはあたしだけだからな、どうせ。」

そんな春希の答えにかずさはそっちがちょっと引っかかる

「子供たちは2人とも家事は万能だからな。忙しさの違いから量は違うが。」

「そこなんだよ。妹もあたしと違って意外と家事万能なのが驚きだ。」

そう、驚きなのである

「むしろかずさもやればできるってことだと思うがな。お前も妹も俺らと違って天才肌だし。」

春希とかずさの共通見解として、わりと息子は父親に、娘は母親に似ているというのがある
だからかずさとしては自分に似た娘が家事を苦もなくやってのけるのを見ていると、違和感というかいたたまれなさがある
しかし、春希にしてみれば意外とやればなんでもすんなりとできるというのはかずさに資質が似ている娘なのだから違和感がない
かずさだって理由と状況があればすぐにやれるようになるとは思ってる
単にその必要がないだけで

「やればできる、ねぇ。息子の音楽みたいなものか?」

「あ、そうそれ、そんな感じ。本人は無自覚だけど、やればできるあたりなんかまさに。」

もう一つの共通見解が実は息子の音楽の才能
本人はないと思ってるらしいが実は結構あると他の家族は考えている
単に身近にいる比較対象が飛び抜けすぎているだけなのだ

「やればできる、か。そうは言われても今さら過ぎるけどな、あたしとしては。」

「だろうから俺もやれとは言わないさ。正直、一般的な家事の常識を一から教えるのも面倒くさいし、現状3人もできる人間がいるから、これ以上必要もないしな。それに兄妹仲良く家事をやってる時間を削るするようなことはしたくない、妹から恨まれる。」

そう、妹にとって家事の時間こそ兄妹仲良く一緒に何かをできる時間
それを妨げられるのはとても嫌うし、数少ない兄妹喧嘩の数少ない理由のうちの一つであるくらい

「お兄ちゃん子だからな、あの子は。」

そんな妹を言い表すのにこれほど適切な言葉はないと考える両親

「他に甘える相手がいなかったから、そうなるのも仕方ないと言えば仕方ないだろ。」

「それもそうなんだけど。でも、ま、お互いうまい具合に性格も違って支え合ってるんだし、欠点を補い合ってるんだからいいじゃないか。お陰で妹の学校生活も順調ときたもんだ、となるとやっぱり言うことがないか。」

「その点はかずさの功績でもあるだろ。まさか妹に普通科を勧めるとは思わなかったし、しかもそれが結果的には当たりだったんだから。」

春希は思いもしなかったが、かずさに言わせればむしろその方がよほどいいと思っていた
なにせ

「いやだって、普通科ならお兄ちゃんがいる。そして何より音楽科行くには才能が有りすぎるし、そのくせ周囲にはライバルになりそうなのはいない、しかも教師もいないときたもんだ。だったら普通科に行った方がプラスになるだろ。音楽科いってあたしのようになって欲しくないからな。」

ということだから。
かずさは自身の経験からも導き出された結論が普通科の方がよっぽど良い、だ

「さすがにかずさのようにはならないと思うが、その環境では本人の為にならないのは同感。それに個人的な体験から音楽科の生徒に良いイメージがないのもあるしなぁ。」

第二音楽室の主を探したかつてを思い出しながらのセリフ

「実際にプライドばかり高いやつが多いぞ。でなければ音楽科をわざわざ選ばないだろうから。そんなだから避けた方が余計な気を使わずにすむ。それに勉強もできないわけじゃなかったから、普通科でも問題ないと思ってな。」

「そこはそうだな。とはいえ、俺でも兄の上をいく成績になるとは思わなかったし、結果的には大正解だったな、それ。」

「まったくだ。春希も無駄に母校へ行かなきゃならないような事態にならなかったわけだし。」

「いや、さっきも言ったがお前と違ってそこまでのことにはならないからな。どっちにしろ、お兄ちゃんのサポートがあるんだから。」

「確かにそれはあるか。・・・むしろそういう意味じゃ、上は春希を見本にするような人生でいいのやらと思わんでもない。欲がないというか、目立つのは平気な癖に、人のサポートが得意とかそういう所は似なくていいと思うんだがなぁ。」

母親としては今の気になる点はそこにある
十代からそんなに小さくまとまらなくてもと思わないでもない
もう少し自分のことを優先してもいいはずだ

「そりゃ才能がある人間はそう思うのかもしれないが、身近に自分より遥かに才能がある人間がいればそうもなるさ。我が家にいる人間も来る人間もそんな人たちばっかりだし。」

「環境がよくないのはまさかの上の方だったか。」

「かもな。本人はそんなことカケラも思ってないだろうが。」

「それこそお前によく似てる。春希だってなろうと思えばもっとこうでっかい会社のお偉いさんにだってなれただろうに。」

「会社は小さいがその分好きなようにやらしてもらってるからそれでいいさ。それに元々偉くなりたい訳でもないし。親子揃ってお節介なだけだ。その甲斐がかずさや妹のように才能を存分に発揮してくれているなら、それ以上に嬉しいこともやりがいもないって思うくらいには、な。」

「根っからの裏方思考だよ、お前も息子も。」

「そこら辺は親子だからな、しょうがない。似なくてもいい所まで似るのが親子ってやつなんだろうさ。」

「そうかもしれんな、春希に言わせればその最たる例があたしと母さんの味覚だろうし。」

「・・・本当にそこの負の連鎖を断ち切れて心底ホッとしているのは事実だけども。」

「だろうな、まったく。そのせいであたしには薄味な食卓になりがちな上に、兄妹旦那と口をそろえてあたしの味付けを制限かけてくるのには閉口するよ。」

「それだけみんな家族が大切なんだよ、だろ?」

「そう、だな。そんな所はやっぱり家族だから似てるな、母さんもあたしもお前も子供たちも・・・。」

そんなことを口にしながら そろそろ限界を感じてそっと家族の腕の中で目を閉じるかずさ

「さすがにもう眠いんじゃないか?」

「ああ、さすがにな。色々とエネルギーを使い果たしてるし。」

「なら最後に言っておくことは、家族みんなで何事もなく過ごせているんだ、大丈夫だよってことで。」

「そうか、それなら今夜も安心して、寝るとするか。・・・またの機会に、あいつらのことも聞かせてくれよ?」

「もちろんだ、お前は母親なんだから。」

「ああ、んじゃおやすみ・・・。」


そういいながらあっさりと眠りにつくかずさをそっとなでながら
春希も目を閉じる

そんな どこにでもありそうな 家族の一幕が 北原家にもあるのだ。


~~~~~~~~~~~~~~~~~

続きを読む

春、穏やかに

いつもの休憩時間

別名、かずさのご褒美時間

そんな名前がついている時間になったので
飲み物を用意して待っているだろう命名者のもとへ向かう

数時間ぶりに、地下から昼の世界に戻ったかずさを待ち受けていたのは

いつもとは違う珍しい春希の姿だった

テーブルの上にあるPCの前に陣取っているのはいつも

だけどあの北原春希が突っ伏していて寝息をたてていた



「なんだ春希はお昼寝の時間か?」

声をかければすぐに起き上がるかと思ってからかい混じりに声をかけたのだが意外にも春希はそのまま無反応

てっきりちょっとうたた寝でもしてて、すぐに起きるのかと思ったが
予想より、眠りは深いらしい

そうなるとかずさは少し悩む

寝かしておいてやりたい気もするが、仕事がそれで問題ないのかが分からない
あと、夜まで仕事が残ってしまうのはかずさとしては避けたいという本音もある

あと可能性としては、時間ができたから一眠りし、やがて上がってくるであろう自分が起こすという計算なのかもしれない
お互いの性格からしてそれが正解に近い気もしてる

だから起こしてかまわないのだとは思うけれども

「珍しいな、お前がこうしてうたたねしてるなんて。あと、無防備なお前がこうしてノンキな顔をしているのも、な。」

からかいの中にある少しの痛み

春希がこうしてうなされることなく眠る姿は かずさにとって珍しいこと 

その事実

「なんだかイタズラしたくなるな。」

そう言いつつそっと髪をなでる

いつかの夕暮れを彷彿とさせるようなシチュエーションがそんな言葉を言わせる

「ま、今となってはなんのイタズラにもならないけど。」

あの日の一世一代の勝負で 抜け駆けは 様々なものの始まりになった

本当に 全ての引き金となった

そんなことさえ思わせる この一瞬

それでもこうして目の前に春希がいることで

全てを許せるよう気がする

そんな 幸せ

「いいのか、仕事。夜にずれこむのはごめんだぞ。」

だから当たり前の日常のことだけを文句いってみる

言いつつ、このまま寝かせておいてやるかと思い始めている

せっかくこんなにも穏やかに眠っているのなら
こうして見つめていたい

たまには立場の逆転も悪くはないから

春希が感じることを感じられる気がするから
日頃うたた寝するあたしをどう見てるのか
かつて隣から感じた視線はどんな意味が込められていたのか
そんなことを想像しながら 春希の髪をなでて
ひと時を過ごす
合間の時間だから そんなにゆっくりもしていられないが
こうしていると時を忘れそうになる

「春だから、か?」

いくつもの意味をこめて そんなことを囁き
隣りで 春のひと時を

今日はちょっと特別な ご褒美時間



~~~~~~~~~~~~~

続きを読む

そしてまた雪が降ったけども

世界を音もなく静かに という様にはいかず

雨混じりの雪が、雨音をたてている

静かに 音もなく という雪国の雪とは違う 湿った重たい雪

それでも次第に 確実に 世界を白く染め上げる

ふと窓の外をみればいつの間にか白銀の世界で

いつもの景色は綺麗に染め上げられ 別世界のよう

わずかな雨音だけが、かつての記憶の中の世界と違っていて

それだけが、もしかしたら救いなのかもしれない

そんな 雪景色


都会の雪景色


「雪ってなら、こう静かに降り積もるみたいなものかと思ってたけど、なんか水の音がするな。」

「まぁ、雪国とかと違って湿った雪ってのがこっちの定番だからなぁ。音もなく静かにしんしんと降り積もる、ってわけにはいかないんだよ。」

「かもしれないが、それだって知っていてもおかしくないんだけどな、昔もそうだったはずなんだから。」

「そりゃ単に昔っから引き込もりだからだろ。ピアノやってる頃は引きこもって気候なんか関係ないだろうし、その後だって引きこもってたことは変わらないから、雪音となんか意識してないだろうし。」

「引きこもってて悪かったな。それで話をそらしたつもりか?そうでない時だってあったのをわざと外したんだろうけど。」

「・・・それこそ、だろ。雪に雨音が混じってるかどうかなんて気にしている余裕もなかったし、雪そのものがあまりにも俺たちには重かったし。」

「・・・発見があるくらいに、今のあたしたちは変わったのか?余裕があるのか?」

「それも・・・どうだろうな。ただ、変わったのは、そうだろう?」

「ああ、そうだな。あの頃とはあたしたちは違う、ここまで来たんだから。」

「変化ってのは何も変わる事だけじゃなくて、今まで気づかなかったことを気づくことにもあるんじゃないかなって。」

「あしたと母さんの関係が変わったように、か。」

「だからこれだって十分変化なんだ・・・と思う。」

「そんな自信なさげに言われてもな。春希がそれで納得できるならいいけどさ、できるか?」

「・・・できるわけないだろ。こうして雪を見てるだけでこんなにキツイのに。」

「だろうな。相変わらずやせ我慢と無理ばかり得意なやつだ。ほらもっとあたしにくっつけ。」

「それでも、ここは東京なんだよ。」

「そして理屈こねて、面倒くさいやつめ。」

「そんなに嬉しそうに言わないでくれ。セリフと口調が全くあってないぞ。」

「それはしょうがない、それがあたしだからな。ついでに春希がいるならあたしは東京の雪だって、別の場所の雪だって怖くはない。」

「俺もそう言えたらと思うけどな。」

「春希にはトラウマなんだろうから、無理しなくていい。今すぐどうにかしようなんて思わなくていいさ。そのうち、慣れるのを待てばいいんだよ、あたしの前でまでカッコつけるなって。」

「カッコつけてるつもりはないんだけどさ、そういうの慣れなくて。」

「なんだかんだ言いながら、あたしよりも親との仲が疎遠なことの弊害ってやつか。」

「分かってるからわざわざ言わないでくれ。こんな雪の日にそれまで考えたくない。」

「そうは言うが、このことだって言えるようになったし、変化なんだぞ。少なくとも行こうと思えば行ける。あの頃とは違うんだ。」

「・・・確かに、そうだな。」

「選択できるようになったのも変化だし、そのことに気づいたのも変化だ。」

「俺たちの周りには思ってるよりよほど変化に満ちてるもんだな、まさかそれをかずさに気付かされるとは思わなかったが。」

「それこそ言うまでもない、時間は流れてるんだから。余計な指摘はともかくとして。」

「日々変わっていくのが当たり前、か。東京に戻ってきた時から、それが当たり前になったんだよな。」

「そういうことだ。となれば少しずつでも慣れていけるさ。だからそんなに無理してどうにかしようとするな。今はこうしてあたしの腕の中で震えていればいいんだ。」

「その提案はありがたいが、さすがにセリフには色々と突っ込みたくなる。」

「入れたくなるといって入れてるだろ。余裕がなくても減らず口だけは変わらないな、春希は。」

「そこは変わらないさ。性格ばっかりはそれこそ簡単に変わるもんじゃないからな。」

「確かに春希が減らず口言わなくなったら、病院に連れていくかあたしは悩むだろうけど。」

「それ、そっくりそのままお前に返すから。」

「それこそ、も、だ。母さんのことを考えてみろ。何も言わないと大変なことになる。それでなくとも、あの人との会話は気が抜けないのに。」

「そこは俺も全面的に同意するけども。」

「だろ?だから鍛えられたんだ、ついでに今は旦那もだし。」

「そのつなげ方はズルくないか?」

「春希を素直にさせるためなら手段は問わないことにしてる。でないと、いつまで経っても素直にならないし。今だってそうやってなかなか素直にならないし。」

「苦手なんだよ、本音で語るの。」

「こんな天気の日くらい、いいんじゃないか?」

「こんな天気の日だからこそ、じゃないか。雪が降ってる日に素直になれなんて。」

「ま、そうだな。春希が簡単に素直になったらその方が心配だし、今日はこれくらいにしておいてやるか。」

「ああこれくらいにしておいてくれ。」

「そこだけでも素直になっただけよしとするか。後はゆっくりしろ。」

いずれこの雪が止んで いつもの風景が戻るまで しばしの時を



~~~~~~~~~~~~~~~~



続きを読む

プロフィール

海雪 海辺月

Author:海雪 海辺月
現在、White Album2 SS、特に冬馬かずさ SSを執筆がメインです。
目次はカテゴリーの未分類においてあります。
Eメール:umiyuki_4s@yahoo.co.jp
@を半角にしてください
メアド載っけてないことに今さら気づきました・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。