スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Day After 39

「お疲れ様、かずさ。」

「今日のピアノ、どうだった?」

「え?あ、ああ、そうだな・・・。」

「なんてな。まだ聞いてないだろ?」

「・・・気づいていたなら聞かないでくれてもいいんじゃないか.。」

「一応さ。確信はあっても確証がなかったからな。それで、話をしてたんだろ?部長と水澤と。」

「それもまたおっしやる通り。」

「落ち着きないやつだ、今も昔も。」

「だけど、俺が今できることは他にないし、せめてそれだけはやっておこうと思って。」

「それがどういう結果をうむかも考えずに、まぁ、やったものだ。」

「・・・そこまでまずいかなぁ?」

「雪菜のこと、まだなめてないか?あいつは気づくぞ、必ず。少なくともあたしは気づくし気づいたからな。雪菜も気づかないはずかない。」

「・・・やっぱりそうなるか。どこかで分かっちゃいたつもりなんだが。」

「それでもやるのが春希ってやつだろうし、あたしも反対はしないけど。」

「しないのか?」

「できないさそりゃ。」

「かずさはというか、かずさだけが反対する権利はあると思うんだが。」

「一般的にはな。でも過去の事情からできないってとこだ。なにせ、春希がそうだからあたしたちはこうなれたんだし、それに春希がそうしなきゃならない理由にも関係してるんだ、反対できるわけがない。」

「そんな風に理解を示されるとは少し意外だ、なんだが不安にさえなる。」

「あたしらしくないとでも?」

「そのセリフが証拠だろ?」

「だな。でも、もし春希が雪菜に手を貸さないようなやつなら、あたしはここにいなかっただろうから。それでこそ春希だとは思ってる。」

「それって裏返せばいつまで経っても終わらないということになりかねないんだが・・・。」

「そこが最大の問題だな。3人がそれぞれ納得できる結末を用意できるかという話になるわけだ。」

「一番の望みを考慮するとなればそれは絶対に有り得ないぞ。」

「不可能でもないけどな。」

「いや、不可能だろ。」

「考え方にもよるが無理じゃあない。同じ重さならそこには優劣はないことになるんだろ?優等生。」

「それが通用したの昔だけじゃないか?もう、状況としてなりえない・・・。」

「いや、状況は変えることができるだろ?」

「かずさ、お前、まさか・・・!?」

「早まるな。あくまで仮の話だ。あたしがそんなことするわけないだろ。お前があの日苦しみ抜いてくだした決断をあたしが汚すような真似を。できるわけがない。」

「・・・驚かせないでくれよ。」

「仮定の話だ。春希がいつもするような話さ。それがどんだけ心臓に悪いか、理解したか?」

「・・・したくなかったがさせられた。」

「一つ賢くなったところで話を続けると、不可能じゃないけど、あたしたちはそれをしない。そうなれば、必然的に雪菜の一番の望みはついえる。さて、そこで雪菜は二番目にどんな望みを持っているか、となるわけだ。」

「それがもしかして・・・あれか?」

「多分な。」

「そりゃまた難儀な・・・。」

「何を今さら。雪菜が難儀な性格しているのはお前もよく知っている通りだ。」

「知ってはいたけど・・・。だからこそ、お母さんは待つといいっていったのか。」

「余分なことするなとでも言われたのか?」

「そういわれた。てっきり、今回の件で下手なお節介をやくなって意味かと思ったから、敢えて雪菜には直接会わないようにしてたんだが。」

「お節介は焼いてたけどな。ま、そこは母さんだってしないはずがないと思ってたろうけど。」

「つまりは一定のブレーキになればくらい?」

「だな。そしてキーは雪菜の望みを言わせないこと、なのかも。」

「・・・言わせないこと、かぁ。」

「言い換えれば、本人が言えることしか望みにさせないってことでもある。だから、下手に引き出すような真似をしないようにってことだろ。」

「でも、雪菜ってもう望みは決まってるんじゃないのか?」

「望みは変わるだろ?」

「そりゃそうか。今のままでも十分困難だが、もっと困難なものになる可能性もあるんだよなぁ。」

「そういうことだ。だから、そうならないようにってことだろ、母さんの思惑は。」

「思惑っていうとあれだけども、そういうことか・・・。」

「で、今回のお節介で雪菜をどう決意させたか、だな。ま、そこからはあれこれ考えてもしょうがないし、あとは雪菜の出方次第ってやつだ。」

「どう決意させたか・・・ね。」

「そんなの考えたってしょうがないし、後悔しても意味がないさ。それに秋からヨーロッパだろ?なら時間はある。だからその間に雪菜が一人で何をどう考え、どう決めるかは雪菜に任せるしかないし、あたしらにできることはない。今回の件がどう転ぶか、吉とでるか凶とでるかはなってみなきゃ分からんってことだな。」

「・・・かずさ、本当に東京にきてから別人のようだな。」

「そういうお前はどこでも失礼なやつに変わりないよな。あたしだってこれくらいは考えるさ。単に、今まではあたしが考えるべきことがなかっただけだ。ビジネスのことは春希の方が得意だしあたしのケアも春希の方が得意だしな。」

「後者に関しては疑問が尽きないが、突っ込まないでおく。」

「なにせ親に鍵さえ預けてもらえないくらい信用なさに定評あるから、あたし。」

「これまた懐かしいことを。」

「ただ、春希よりあたしのほうが雪菜のことは得意というだけだ。春希は女性の扱い方が下手なことにかけても信頼が高いからな。」

「その件に関してはもう何度も何度も聞かされてるから、わざわざそんな言い回しを使わずにもっとストレートに言ってくれも構わないぞ。」

「これが北原流だろ?」

「そんな流派作った覚えはないぞ、俺は。」

「忘れてるだけであるんだよ。日頃の行いを省みみるいい機会じゃないか?」

「それならかずさも日頃の生活態度を省みるべきじゃないか?」

「残念ながらみるところがない。」

「言うと思ったよ。それなら俺だって問題ないはずだ。」

「そこはかとなく自信がないよな、お前。」

「かずさほど、自分を信じられないだけさ。」

「詭弁が得意なやつとは思えないセリフだ。」

「自分に自信があるなら詭弁なんかいらないだろ?」

「ああ、なるほど。」

「納得してもらったところで話を戻すと、とりあえずは静観、か。」

「お前の一番苦手な分野だな。」

「全くだ。でも、少しは待てるようになったさ。待つことの大切さも学んだし。」

「・・・そうだな。なら、今は秋の欧州のことにでもかかりっきりになっておいてくれ。」

「そうさせてもらうよ。」

「どうせまた何か国も回るんだろ?」

「それもこれも今回のコンサートの反響次第さ。」

「で、お前の見込みは?」

「聞いてないって知ってるくせに聞くなよ。」

「聞いてなくたってわかるだろ?」

「そりゃな、話はあちこちからすぐに聞けるから。で、現状だと先は忙しくなりそうってところ。」

「そもそも反響なんて聞かなくたってそう思ってたろ?」

「当たり前だ。お前が何のために弾いてたか考えれば、結果は決まったようなものだろ。」

「母さんあたりにはあとでまだまだ技術がどうとか、言われそうだけど。」

「そこらへんは俺には分からないから、しょうがない。」

「そのくせ、自分じゃ教えないから腹が立つ。」

「母親としていたいんじゃないかな?先輩ピアニストとしてじゃなくてさ。」

「だからってピアノの批評はするだけで、一切教えないってのも極端過ぎると思うが。」

「そういう所がお母さんらしいっちゃらしいだろ。」

「悪い意味で、な。」

「そういうお前だって東京に来てもお母さんへのその口の悪さは変わってないだろ、悪い意味で。」

「そこはしょうがない。顔を合わせて会話してると頭にくることもある、というか割と多い。基本的に一言多いからな、あの人。」

「それはあるかもしれんが。」

「お前も他人のこと言えないし、こりゃあたしが大変だ。」

「そういうかずさだって一般人と比べたら割とそうじゃないのか?」

「それは・・・かもしれん。」

「親子仲良く似ていることが分かった所で、この話はここまでにしておくか。」

「どうにも一緒にされるのは納得いかないが、いい加減不毛だしそうするかな。」

「それよりも折角コンサート終わったんだから、今日くらいゆっくり風呂に入って、ゆっくり寝ろって。」

「言われなくても。さすがにあたしもコンサートが終わった後は疲れが溜まってるし。」

「コンサートの時以外はそもそも疲れるほど何かしてないんだからそりゃそうだろ。」

「いや、春希の世話するのも意外と疲れるんだぞ?」

「あ~、わかったわかった。わかったからおとなしく寝ろ。はい、おやすみ。」

「風呂くらい入らせろよ。」

「ならさっさと入って寝てくれ。」

「なんだ、人がせっかくコンサート終わって時間とれるようになったから相手してやってるってのに、邪険にしやがって。それでも夫か?というか、なに他人事のように言ってるんだ、春希も入るんだよ、ほら来い。」

「・・・はいはい、お世話させていただきますよ。」

「それでこそ春希だ。」

「その結論ってのが考えものっていうのが今日の話じゃなかったのか?」

「そこまでは言ってないよ。春希だから、やらないはずがないってのはみんなわかってることだからな。それを含めて、これからどうするかみんなで考えようって話さ。」

「なるほど、な。」

「ということでひとまずお風呂でリフレッシュするぞ。」

「はいよ~。」

「ついでに頭の中も洗濯しとけ。」

「さすがにその言い回しは無理があるだろ。」

(でも、それができたらと思わないでもないってところだよな、お互いに。・・・いやみんな、そうかもな)



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
修正と加筆の結果だんだん長くなる上に完成しない罠にはまってましたが、なんとか完成にこぎつけました
ということで、コンサート直後の二人の会話と38.5の裏側でした。
二人の会話シーンはどうも長くなる上に話がずれてくので修正と二人らしさの追求で苦労したりしてますが
それもまた楽しみの一つかもしれませんね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

感想

最初読んだ時は?で特にかずさが部長と水沢云々に台詞で⁇でしたので過去の何本かのThe Day Afterを読み返し、今回の話を三回読んでようやく理解する事ができました。雪菜と再会した時の冬馬亭での会話の話は読み返し必須ですね(笑)。私はかなり記憶が抜けていました。これから三人というより二人と一人がどのように付き合って行くのかがこれからの物語の中心でしょうか?後、春希と武也、依緒が会った話は39.5という感じで披露されるのでしょうか?次回も楽しみにしています。
追記
そういえばこのところ目次のコメント欄に迷惑メールみたいな文章がいくつか載ってましたね。変なことする人は困りもんですね。

おめでたい

ご存知かもしれませんが、生天目仁美さんが入籍されましたね。ニュースでは主にプリキュア作品の声優さんとして紹介されていましたが、WA2ファンとしては生天目仁美(冬馬かずさ)さん、おめでとうございますと言った感じですかね\(^o^)/。
プロフィール

海雪 海辺月

Author:海雪 海辺月
現在、White Album2 SS、特に冬馬かずさ SSを執筆がメインです。
目次はカテゴリーの未分類においてあります。
Eメール:umiyuki_4s@yahoo.co.jp
@を半角にしてください
メアド載っけてないことに今さら気づきました・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。