修司と葵のそんな一日

「なぁ、葵。本当にダメか?少しくらい、いいだろ?ほら、多少の刺激は脳の活性化にもいいっていうしさ。我慢は体によくないし、集中力を阻害する要因にもなるから、解消した方がいいだろ?だから、な?」

「何でもいいけど、あんたその表現の仕方だと絶対に勘違いされるわよ。」

「ん?何が?」

「分かんないならいいんだけど・・・。それはそれとして、何度も言ってるけどあんたはパラメーター偏り過ぎなの。あんたにトレーニングが必要な部分は筋肉じゃなくて脳みそなのよ、脳みそ。だから、体を動かす前に脳みそを動かしなさいよ。」

「おっしゃることはごもっともですが、ほんの少しでいいですから、体も動かさせてください・・・。」

「どうせ、夜には一人でトレーニングするんでしょうから、昼間は学生らしく脳みそ鍛えるのに費やしなさい。」

「・・・はい。」

「全く、運動させろ運動させろって、檻の中にいる獣じゃあるまいし。いくら最近下半身がケダモノに近づいたからって上半身までケダモノにならなくていいんだからね。」

「いやその表現は色々と差し障りが有りすぎだろ!?」

「でも内容は間違ってないじゃないエロ修司。」

「そりゃ昔に比べたらそうかもしれないが、これでもそれなりに自制効いてるつもりなんですが・・・。」

「そこは否定しないけど、する時はかなりのケダモノ度なんだし、あたしは間違ってないと思うわよ。」

「そこはお互い様かと思いますが?・・・そもそも俺から手を出すことってかなり少ないし。」

「うぐっ・・・、そこは確かにそうなんだけど、でもしてる時は修司はすっごいじゃん!ってこと。」

「・・・それは葵もじゃないか?」

「はぐっ・・・、や、そ、わ、私が言いたいのは、序論はそうかもしれないけど、本論の後半から結論に至るまでにおいては修司の方がこうガンガン行こうぜみたいな・・・!」

「落ち着けって。なんか色々と混ざりすぎだろ。それに俺がソフトにすると葵だって不満になるからさ。」

「・・・あー・・・うん、それはあるかもしれない・・・けど。」

「だからお互い様ってことでいいんじゃないか?」

「いや、待てよ。てことは、結論としてはあたしの方がだらしないってこと?」

「・・・一般論でいえば、生活習慣に関しては割とその傾向があるかもな。」

「しかもフォローなしか!?ええ、ええ、どうせあたしは体も生活習慣もだらしないですよ、どうせあたしはだらしない女ですよ!」

「だから落ち着けって。それだとかなり誤解を生む表現になってるから。意味が違うように聞こえるから!」

「だってだって・・・!あんたの周りにいる女の子はみんなスタイルが引き締まっていて、あたしみたいにプ二ってないし!それにあんたとするのも思い返してみれば誘うのはあたしからだし、さらに私の方がそういう時により、そう、なのかと思うと・・・!」

「確かにそこら辺は否定できる部分は少ないかもしれないが、そもそもの趣味が違うわけでして・・・。」

「どうせ修司たちに比べたらわたしはインドア派よ、若さ以外に健康的な要素がない体よ!」

「いつになく自虐的だな、おい!だれもそこまでは言ってないだろ、そこまでは。」

「でも、どうせ思ってるでしょ!?」

「えっと、まぁ、その・・・。」

「ほら!目をそらした、やっぱりそうなんじゃない!」

「嘘をつくのはよくないかな~って。」

「あんたそういう所はバカ正直よね、ほんと!そんなんだから、無神経とか、鈍いとか、修司だもんねぇ、とか言われるのよ。」

「微妙に否定しづらいセリフ並べるの卑怯だろ。しかも最後のはどうせ天音さんだろ、それ。」

「だったら何なのよ。というか、天音さんだけじゃなくてこれみんなにも通じるくらいなんだからね。つまりそれだけ修司は修司なのよ!」

「訳が分かんなくなってるから!そもそも話が壮大にズレてるから!」






「あの2人、勉強するんじゃなかったのかしら?」

階下でお茶を飲むツバメは
階上で繰り広げられている痴話喧嘩らしきものに呆れながら
そんなことをもらすのであった



~~~~~~~~~~~
前回アップした短編に四苦八苦している裏で息抜きかねながら作っていたものです
元ネタは戯画のハルキスでして、キスシリーズの一つとして結構好きな作品ですね
葵だけでなく天音さんや伊月やこのみなども好きでして、そのこたちをヒロインにして書けたらなぁ、とも思いつつ
WA2の続きを書いております(笑)
長編も短編も相変わらず亀速度ですが、ゆっくりお待ちくださいませ~。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

海雪 海辺月

Author:海雪 海辺月
現在、White Album2 SS、特に冬馬かずさ SSを執筆がメインです。
目次はカテゴリーの未分類においてあります。
Eメール:umiyuki_4s@yahoo.co.jp
@を半角にしてください
メアド載っけてないことに今さら気づきました・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR