スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋空の雪

「おいおいまだ季節は秋じゃなかったのか?」

「暦の上では秋で間違いないぞ。昨日だって秋だったろ?」

「カレンダーじゃそうかもしれないが、ならこの景色はなんだ?」

11月下旬

まだ東京では紅葉が楽しめる時期で
寒さも少しずつ、強くなってきてるとはいえ、肌を指すような冬の寒さを感じるほどではない秋の気配さえ残るのに
昨日、一昨日まで残っていたのに

何故か今日は窓の外が白く染めあがっている

何十年ぶりだとニュースが驚きをもって語り
同時に交通網の乱れを報じていて

時期はずれの天気を繰り返し伝えている
そう、この時期はずれの景色を


11月の雪景色を


「まさか、まだ秋なのに雪を見せられるとは思いもよらなかったよ。」

「それは俺もだ。まさか、紅葉と雪景色が同時に見られるなんてそうはないだろうし。」

赤と白のコントラスト鮮やかで美しく
その幻想的な景色が美しがために
何か空恐ろしいものを感じさせてしまう

世界がいつもと違う顔を見せたことに、怖れをも抱かせる

「世界もお節介なことだな、本当に。わざわざ、教えてくれなくても分かっちゃいるってのに。」

「今年の冬は今までとは違う冬になることを、か。確かにお節介だよな。」

「お節介のありがた迷惑が分かったんじゃないのか?」

これには春希も苦笑するしかない

「ただ、わざわざ世界が教えてくれるなんて、運命なんてものを感じさせてくれるなんて、春希の思い込みもバカにできるもをじゃないのかもな。」

雪なんて気象現象で、そこに何か特別な意味なんてない、偶然の一致なはず
でも、そこに特別な意味を感じてしまっていた過去を聞いていたかずさとしては少し気がかり
このタイミング、この状況での、季節はずれの雪
これを偶然と言い切れるほど、2人の世界は優しくはない

「それでも、前に進って決めたからには、行くさ。そのためにここにいるんだから。」

「前に進めば冬がくるぞ?」

「冬がきてこそ、だろ。」

雪景色からかずさに目線を合わせて、静かに、だがハッキリと告げる

それにかずさは眼差しで応える

季節はずれのなんかじゃない

その時だけの特別じゃない

あの日置いてきた、雪がもう一度やってくる季節に――――――


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
間に合ったようで間に合っていない11月の雪からのSSです。
長編が次第に前を向いてきてるので、それに合わせた感じのものを組み合わせた季節ものですね

こうして珍しい天候であるとついついSSを書いてしまいますね
それで長編が少~し遅くなったりもしますが、お許しを(笑)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

クライマックス近し?

更新お疲れ様です。
半世紀振りの11月の雪はかずさと春希にとってはより特別な物に感じたのでしょうね。早く決着をつけろと天からさえ急かされていると思ったのかもしれません。かずさは積極的で春希は慎重に事を運びたい様ですね。今後の展開を楽しみにしています。

良いお年を

今年もWA2のSSを読ませていただきありがとうございます。
今やこちら以外でWA2のSSが継続しているところもあまり無い様なのでそう言う意味でもこちらのブログの存在は私にとっては貴重です。
ブログ主さんがどこまで書き続けていただけるかはわかりませんが来年も楽しみにしています。
良いお年をお迎えください。
プロフィール

海雪 海辺月

Author:海雪 海辺月
現在、White Album2 SS、特に冬馬かずさ SSを執筆がメインです。
目次はカテゴリーの未分類においてあります。
Eメール:umiyuki_4s@yahoo.co.jp
@を半角にしてください
メアド載っけてないことに今さら気づきました・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。