スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和泉千晶流の

「・・・お願いがあるの、冬馬さん。」

「なんだ言ってみろ?」

「今度講演で海外に行くことになってて、その間だけ、春希を貸してほしいの。」

「・・・・・・。」

「その、いつもみたいに身の回りの世話をしてくれる人ってことじゃなくて・・・。」

「・・・なくて?」

「思い出を・・・。あたしが唯一愛した人との思い出とその証が欲しいの・・・。」

「・・・・・・・あのな」

「分かってる!冬馬さんは賛成してくれるわけがないってことくらい。でもね、何も言わずに連れていくのは悪いと思って。春希をいきなり数が月の間連れて行ってしまう前にせめて伝えるのがあたしの誠意だと思って。」

「・・・いや」

「許してくれとも分かってくれとも言わないわ。言えるわけがないもんね。だから、これだけは言わせて。」

「・・・」

「ごめんなさい・・・・・・・。」

千晶はそう言って頭を下げる

その頭を見下ろしながら かずさが口を開く

「和泉、一つだけいいか?」

「私に答えられることなら、どんなことでも。」

「それ、去年同じことを母さんがやったぞ。」

ため息交じりにかずさが言った

その瞬間 冬馬家のリビングの時が止まり

「あっれ~~~、うそーーー!」

千晶の驚きの声が響いたのだった



「なんだってとち狂った芸術家のやることなすこと同じなんだろうな。それともお前と母さんが単に思考回路が近いからなのか?」

「折角、春希がいないタイミングを見計らってここまでやったのに~。あたしの計画が実行する前にパーだなんであんまりだ!」

「あんまりなのはお前の頭の中だろ、本当に。」

「一か月も前からネタのために春希の今日のスケジュール調べて、春希と何かある風を装ってみたりして、下地を作ってたのに~。」

「暇なことで。」

「ホワイトデーだって別のことで返してもらうってことでやせ我慢したのに、どういうことだ~。」

「馬鹿だったってことだろ。」

「考えてみれば、冬馬さんいじりするならこの手は外せないしね、気づいとくべきだった~、くっそ~~~。」

「無駄に演技力発揮してたところ申し訳ないが、むしろ演技くさ過ぎて怪しいことこの上なかったぞ。」

「いつもと違う雰囲気で攻めればいけるはずだったのに~!」

「そのせいであたしはなんのデジャヴかと思ったわけだが。」

「いや、まだだ、まだ終わらんよ!来年またチャンスは来る!」

「さすがに三年連続で気づかないと思うのか?」

「いや~わかんないよ~?春希をもっと巻き込めばさすがに平静を保てないだろうし、分かっていても人は疑ってしまう生き物だよ~?」

「それもやめとけ。去年母さんが巻き込んだ時も春希が途中であっさり真相ばらしたぞ。」

「くわぁ~!春希は分かってない~!」

「分かってないのはお前だ、和泉。そんなことに協力しようとすれば後で俺がどんな被害にあうか。」

「うぉ!春希、いつの間に。」

「おかえり、春希。」

「ただいま、かずさ。全く人のいない間に何しに来たかと思えばろくでもないことしてやがったのだけは分かった。」

「あたしが何したっていうのさ~!」

「去年のお義母さんと同じようなことだろ?」

「納得いかない~!せっかく人がサプライズでエンターテイメントを提供したのに~!」

「エイプリルフールにかこつけて騙しに来て、他人の家庭に波風立てようとしてただけにしか見えないんだが。」

「お芝居の練習くらい、いいじゃないか~!」

「それが本音か。」

「そんなこと言ってると夕飯やらんぞ。」

「ごめんなさい、あたしが間違っていました、だから夕飯ください。」

「「変わり身早過ぎるだろ」」

「背に腹は代えられんし、お腹と背中がくっつきそうだし~。悲壮感出すために今日はご飯抜きだから、お腹空いてさ~。」

「「お前、馬鹿だろ」」

「だから、大盛り、超特急でよろしく~。」

「はいはい、今から用意するから待ってろ。」

そう言って台所に春希は立ち それをリビングから見守る千晶

そしてその千晶を横目で眺めながら

どこの馬鹿がエイプリルフールなんてものを作ったのやらと思うかずさであった



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
前に冬馬曜子で書いたので、今回は千晶編でお届けしましたエイプリルフールネタです。
さすがに二回目なので学習したかずさということでした
こういう軽いネタSSには千晶と冬馬曜子がやはり書き易くていいですね

そんなわけでエイプリルフール自体は特にやりませんが(笑)、SSをご提供させていただきました~。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

久しぶりの

更新お疲れ様です。
前回から余り間を置かず新作を読ませて頂きうれしい限りです。
和泉千晶がこちらのssに登場したのはいつ以来でしょうか?
彼女はやはり使い勝手の良いキャラなんでしょうね。でも千晶が良い意味で場を引っ掻き回す今回のような話は好きですね。
次回も楽しみにしています。

更新嬉しい

曜子さんのエイプリルフールネタ懐かしいです!
千晶と曜子さんはホワルバ2内での2大トリックスターですよね
プロフィール

海雪 海辺月

Author:海雪 海辺月
現在、White Album2 SS、特に冬馬かずさ SSを執筆がメインです。
目次はカテゴリーの未分類においてあります。
Eメール:umiyuki_4s@yahoo.co.jp
@を半角にしてください
メアド載っけてないことに今さら気づきました・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。