スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏はやってくる

「珍しいな、誰と行くんだ?」

「ん・・・?ああ、勘違いだ。俺たちが行くんじゃなくて、仕事上必要なだけ。」


いつもの様に仕事をしている春希にいつもの様にじゃれつくかずさ

日本でも変わらず、究極の公私混同を続けている2人

今日もまたお馴染みの光景

仕事中でありながら、2人の時間でもある夜に春希に話しかけることも、変わらないまま


その時、画面に映った一覧表を見たかずさだが珍しくその内容が理解できた上に、さらに珍しいことに仕事よりもプライベートに関係しそうなものだったから春希にきいてみたくなった

まさか春希が自分をわざわざ人混みに連れ出すと思えないし
二重に行かない理由があるのだがら
自分が選択肢に入るわけもなく
かといって理由もなくわざわざそんな一覧表を見る必要もないから
となると仕事かはたまたどこかのワガママな病人がまた無茶言い出したのかと思えたのだ

まさか、あいつが、というのもなくはない
そういうイベント事は外さないのはいつだってあっち

また、連れ出されるということもあるのかもしれない
あの頃はいつもそうだったから
今はそんなシンプルにいきはしないだろうとしても。

だが、春希は仕事に必要なデータと予想外の返答
突然やってくる無茶振りではないらしい

「仕事?これが、か?」

世間一般の仕事というものをよく知らないかずさではあるが、さすがにこれが仕事ではないと予測できた
できたのに、答えは違うらしい

「難しく考える必要はないって。もし、同日の夜に近くでコンサートやったらどうなる?」

「・・・防音が効いてるはずだから、関係ない気がするんだが。」

「コンサート中は、な。だが、行き帰りは混雑するし、わざわざ近くで大規模なイベントをやっているところに別のイベントを開くのは集客にもよくないし、関係者との折衝が大変にもなる。手間を増やすだけで、リターンは少ないってこと。」

「ああ、そういうことか。」

先ほど、図らずも自分でも簡単に予想できたようにただでさえ人が集まるところにコンサートでさらに人を集めれば問題をわざわざ作りに行くような真似、といえるだろう

「かずさも機会があれば行ってみるか?」

「・・・あたしがいくと思っているのか?」

「いや、分かっていた。人ごみ嫌いでしかも有名人になってさらに人ごみ嫌いがましたお前だし。ただ、まぁ、方法はいくつかあるぞ?」

「ん・・・、遠慮しておくかな。あたしの領分じゃない。」

馬鹿なことをと他者は言うかもしれなくても
どうしてもそう思ってしまう
自分から望んで行くのは できない

「そう、か。」

それを春希も分かっているからそれ以上は言わない
呪縛に囚われているのは かずさだけじゃない

「あたしが夏の風情を楽しむように見えるか?」

「春夏秋冬よりもクーラーや暖房の方が重要度が高いのは知っている。」

「そういうことだ。」

“そういうこと”の意味に込められたものがどうであれ
かずさは元々あまり行く気がない上に
その資格がないとも思っている

そんなかずさがもし行くとすれば
それはかずさを連れ出す人がやってきた時

その時がくるかなんて誰にもわかりはしなくとも―――


夏は やってくる


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ということで、8月1日と、日時表示が無情に締め切りが過ぎていることを教えてくれているわけですが季節ものの短編を掲載いたしました。こういったイベントごとにあまり興味を示さないかずさということと、それは誰の領分なのかを考えてしまう所がかずさなんじゃないかなと思いまして。

それと長編なんですが、途中まで書いたものがどこかに消えた(恐らく保存し忘れた)ため、また書いている途中です。今月中には欠けるはずというフラグを作りつつ、短編もう一本ほど夏物をお届けできるのではと思います。

暑かったり蒸したり、冷えたりと忙しい気候の日々ですが、皆様もご健康でありますよう。

それと、小説最後の短編がかずさアフターの続きの前フリということで、なるほどと。確かに素晴らしい所を公式が描いてくれたなと。なので、機会を見てプレイ予定です。教えていただき、感謝いたします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

興味の対象

更新お疲れ様です。
おおよそ世間一般の関心事には興味のないかずさですから今回の場合は春希と会話する為のきっかけなのでしょう。
いつだってかずさの興味の対象はピアノの事を別にすれば春希の一挙手一投足なんでしょうね。
春希は一生をかけて少しでもかずさに普通の感覚を持って欲しいと色々するのでしょうがそれはかずさを春希の目的とは別の意味で喜ばせてしまいそうです。
プロフィール

海雪 海辺月

Author:海雪 海辺月
現在、White Album2 SS、特に冬馬かずさ SSを執筆がメインです。
目次はカテゴリーの未分類においてあります。
Eメール:umiyuki_4s@yahoo.co.jp
@を半角にしてください
メアド載っけてないことに今さら気づきました・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。